とりあえず日常

行ったとこ、買ったもの、やったことの備忘録                      年間30万マイル取得のなんちゃってマイラー ラスベガス病を患っている

舞妓さんに会いに

先日お茶屋デビューを果たしました。

 写真をバンバンとるのは無粋だと思ったので、

今回も写真はとっておりません。

今日ようやく請求書も届いたので、そこらへんも詳しくかけたらよかとおもいます。

 

 

さてお茶屋。

祇園には何個かお茶屋が固まっている場所があります。

 

 

このお茶屋正直初心者なので、初心者なりの解釈で話を進めさせていただきます。

 

 

お茶屋の行き方

これは、本当にお茶屋の常連さんに連れてってもらうしかないと思います。

やはり常連さんは作法をわきまえてらっしゃるので、事前に注意事項とか

立ち振る舞い方や様々なことを教えてくれます。

もし身近にお茶屋にはまっている人がいたら是非教えてもらいましょう。

 

お茶屋に行ったら

舞妓さんやお店の方がお迎えしてくれます。

そして荷物や上着を預けて宴会に突入します。

ここは普通に歓談ですね。

舞妓さんからお酒をいただいたりなんとかして楽しみます。

ラウンジとどう違うんや?と思うんですけれども、

めっちゃ舞妓さん控えめですね。

こちらが会話で盛り上がったりしてたらニコニコその話を聞いているだけ。

だが、それがいいですね。

 

舞妓さんの舞

一時間くらいしてから舞妓さんが躍ります。

伝統芸能ゆえ真剣に見ましょう。

 

ゲームをする

お座敷遊びですな。この日はとらとら。


[京都府]祇園で舞妓さんとお座敷遊び"とらとら"

 

こちらを参考にしてください。

こんな感じで遊びます。

 

何がおもしろいのか?

行く前は一応興味として行ってみたいと思い連れてってもらいました。

いってみると、たぶんその会のメンバーが面白かったんだともいますが

盛り上がるメンツだったらめちゃくちゃ盛り上がります。

いろいろ舞妓さんにイメージすることもあると思いますが、めっちゃクリーンです。

クリーンすぎるので、嫁さんなどから怪しまれることはないと思います。(ちゃんと説明すれば)。

結構思い出にはなるので、誰か知り合いに常連さんがいたらたくさんの人数でいくといいです。

 

最後に記念撮影をして

そして今回は特別にうちわをいただきました。

めったにもらえないらしいうちわです。

京都で食事するとよく壁にかかっているやつですね。

あれ。

非売品です。

 

さてお会計

お会計はその場ではしません。

請求書が来ます。

つうか今日来ました。

どれくらいになるのか少しドキドキしながら封筒を開けました。

この日は10人以上で行きまして、舞妓さんも5人ほどついてもらいました。

2時間半くらい楽しんで、お値段は大体一人4万くらいです。

 

 

これを高いとみるか低いとみるかは皆さんのお財布事情によると思いますが

人生に一度だけでも行くとちょっと世界が広がると思うね。