とりあえず日常

マイルが中心でないマイル系ブログ

GWにイタリア旅行に行ってきたのだpart2

です。

 今回は仁川~フランクフルト~ミラノというフライトです。

 

f:id:ok-kimama:20180516134003j:plain

f:id:ok-kimama:20180516134439j:plain

f:id:ok-kimama:20180516134447j:plain

f:id:ok-kimama:20180516134644j:plain

f:id:ok-kimama:20180516134704j:plain

f:id:ok-kimama:20180516191652j:imagef:id:ok-kimama:20180516191708j:image

 

f:id:ok-kimama:20180516192031j:image

f:id:ok-kimama:20180516192346j:image

 

 写真を時折とった程度で、ブログに乗せるためになんでもかんでも

写真をとるということがまだ初心者としてはハードルが高くてできていません。

 

今回ルフトハンザのCでとったんだけれども、

そこの写真がないのはそのせいです。

 

仁川経由っていうこともあり、

洋風or韓国のお料理でした。

 

となりのおっさんはひたすら韓国料理を食べていたのですが、

僕は

離陸後は洋風

着陸前はプルコギを食べたんだけれども

思いのほかおいしかったです。

 

ルフトハンザは簡単に特典航空券が取れる航空会社だと認識しているのですが

やはりANAには全然かなわないな。

ANA恐るべし・・・・。

次回はANAで行きたい。。

 

ミラノについて、ミラノはウェスティンにて宿泊。

SPGゴールドの威力なのか知らないけれども、広い部屋にアップグレード。

ただ、古いホテルですので、アップグレードされて部屋が広くても、、、ねぇ。

 

あとお風呂が広いし、石だから、わしこのホテルでめっちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こけた。

 

豪快にこけて、背中から落ちたわ。

頭を打たないように気を付けたけれども

腕は強打したから、ちょっと骨折とかを覚悟したが、

頑丈なからだだったので、大丈夫でした。

 

みなさん気を付けましょう。

 

ミラノの初日は単にミラノ着が遅かったから泊っただけであって

本来の目的地ベネチアに向けて電車に乗りました。

 

イタロはミラノ→ベネチアがなく、国鉄の新幹線に乗ってけれどお、

ベネチアサンタルチアに行く電車がなく、その一個手前で下車。

 

そこから電車でサンタルチアに行くつもりが、この日はメーデーで

電車が間引かれまくっていて、混乱していました。

 

ほんとうは1ユーロくらいでいけるベネチアなんですけれども

時間が勿体ないので、タクシーにて。

タクシーで行く場合値段が決まっていたが、忘れてしまった。

30ユーロくらいだったか。

まぁ時間が足らないと思うから、とにかく海外旅行は時間を金でかう

系がはかどります。

 

車でいけるところまで行って、そっからは水上タクシー。

今回のホテルはグリッティパレス。

ツーリストで使われていたホテルです。

 

そこにアンジーバリにやはり水上タクシーでホテルにいかないとと思って

水上タクシーをチョイス。

65ユーロ定額です。

荷物が多いのでチップも込みで多めに渡しておきました。

 

スタッフがお出迎えしてくれたんだけれども、

部屋がまだ空いていないからっていうことで、プラプラして

その日は過ごしました。

 

4年前に一度きたことがあるので、大体はわかっているのですが、

子供に見せたくて来たわけなので、ぞんぶんに歩いてもらいました。

広場を。

 

ここはとが多いので、とにかくわしのむすっこは鳩を追いかけまわすのを

楽しんでいましたが、ここらへんは鳩のえさを売りつけるおっさんなんかも

いるので、何も受け取らないのがよいです。

 

f:id:ok-kimama:20180516193457j:plain

f:id:ok-kimama:20180516193602j:plain

 

今回はSPGのポイントを利用してのホテルステイなんですね。

子連れの場合は、エクストラベットを入れてねって言われたけど

現地でエクストラベットいらないよね?

っていうことで、チャージされませんでした。

ありがとう。

ちなみに、もしチャージされるならば100ユーロくらいかかります。

2泊したので、200ユーロ余計にかかるってばかばかしいなぁ。

 

ちなみに、この子供用のエクストラベットは

余分の枕入れになりました。