アラフォーの現実

マイルを駆使して家族に尽くすアラフォーの現実

マカオ・バカラやってきた

いつもマカオとかラスベガスに行く前に

他人のギャンブル日記を探しては、

メシウマ~って思いながら読んでいました。

 今回は残念ながらメシウマにはならんけど、

自分なりにどうやったらギャンブルのしんどさ

すばらしさが伝わるのか?を考えながら、ちょっと

ちゃんと書く?・・・かな。

 

さてマカオに到着した私なんですけど、

コタイセントラルのシェラトンに泊まりました。

賛否両論いろいろありますが、私は最近は

サンズグループでカジノをすることがいいです。

理由は特にないです。

コタイセントラルのシェラトン・セントレジスの下に

そのカジノがあるから。

以上。

 

で、ギャンブルするときはプレーヤーズカードを作りましょう!

www.sandsrewards.com

3000$で1ポイント作らしくて、たまれば食事券とか

フェリー券と交換してくれる。

以前友人のバカラプレーヤーがバカラしまくっててデイリーランキング1位

とかとるくらいローリングしていたからセントレジスのスィートをポイントで

プレゼントしてくれたりもしてたから貯まれば無料ステイも可能です。

 

すぐに作れるからね。

 

で、カジノなんですけど、パスポートは持っていった方がいいのかね?

ラスベガスは提示を求められるけど、マカオでは大丈夫でした。

 

両替は、重慶マンション>カジノ>香港空港>日本の空港だとおもうんだけど

この認識でおけ?

今回は尖沙咀に行く用事があったから重慶マンションで両替。

 

それでもってバカラ参上なのだ。

 

バカラというゲームは

下記参照

casinoschool.co.jp

 

とにかく9に近い方が勝ちっていうゲームなのだ。

そしてわしはいつからかこのゲームを主戦場にしているのだ。

 

大体ブログでバカラ戦記とか書くっていう場合は

こうやってああやって勝ちました~っていう感じになると思うのですが、

詳細はすまんが(誰もみてないかww)書きません。

何故ならつまらんから。

 

ただ、ぎゃんぶるの楽しみに方だけは書きたい。

ギャンブルは結局のところ半か丁かみたいなものではるんですけど、

そこに至るまでの推測(オカルトやないか!!)が楽しいのである。

特にバカラは罫線と呼ばれるこのパネル!!

f:id:ok-kimama:20190207200026j:image

 でもって何が来るのかを予測するのだ。

 

それが面白い。

ただそれだけなんですけど、その推移の引き出しがベテランになればなるほど

経験値がたまり増えていくのである。

多分世のなかのバカラプレーヤーは負けているが、負けてもなおやり続けるのは

そういった背景があるのだろう。

 

で、結論からいうと

15000$勝った。

プレー時間は2時間程度かな。

 

バカラはミニマムベットが1000からと高額なテーブルが多いので

とっつきにくいのですが、コンラッドの下か忘れたけど同じ

コタイセントラルにあるヒマラヤゲーミングっていうカジノ場は

300$からベットできるから、少額で勝負したい人はそちらでどうぞ。

 

まぁお金に余裕がない人はギャンブルはしちゃーいかんっす。

負けるだけ。(お金に余裕があっても勝てないけど)

 

ギャンブルに勝つ方法なんていうのはないのですが、

できるだけ負けない方法は存在していると思う。

 

それは、メンタルコントロール。

これに尽きる。

 

一般人からすると1betが14000円なんて大きすぎる金額なわけでして

これで3連敗くらいしたら、取り戻すのに3回勝たないといけない!

っていうところで大きくbetしても大体負けます。

 

なので、とにかくメンタルをコントロールして

負けても普通にしていたら勝てる!!!

 

f:id:ok-kimama:20190208005108j:image

 

緊張の連続で手足から汗が半端なかった図。

極めてくせー足だぞぃ!

このことからギャンブルはストラスの高い

マインドスポーツだと思っていただいても

いいとおもう。

 

苦しい、、、、

苦しいぞぉ、、、

 

けど勝てたらうれピー!

 

勝ったお金はお土産に消えました。

 

追加な

 

いつも思うんだけど、

バカラやってる女は大体負けてる。

幸薄そうなやつ多めなんやけど。

 

よって、

カジノで

お!かわいいなこの子っていうこは

大体売春婦です。

偏見ですが、売春婦です。