アラフォーの現実

マイルを駆使して家族に尽くすアラフォーの現実

お盆休みの渋滞も無駄

渋滞における経済損失っていくらなのか?

 っていうことを

ぼーっと先日20km渋滞というのを見てですね

考えていました。

 

概算なんですけれども、

20kmってそもそもどれくらい人がいるのか?を

仮説たてないといけないので、渋滞時における車間距離

および車体を一旦10mと過程します。

 

今夏休みなので、家族連れも多いと思うので、

平均して乗車人数を3名としておきます。

 

簡単な計算なんだけれども

この20kmの渋滞にいるひとは

20000/10*3なので6000人の人が時間を無駄にしていると

概算出します。

 

最低賃金が900円なのですが、人によっては

2000円の人の人もいますが、働いていない人もいるので

900円のまま計算すると

1時間あたり540万の損失があるわけです。

 

あーーーーー、無駄だわ。

 

ということを計算して嫁に話をしていると

あんたはお金のことばかり計算してますな

嫌味言われたわ。

 

いやいやいや

けっこう大切なことで、

社会はいかに効率を上げて生産性をあげるのか?っていうことに

結構注力いれているんじゃないのか?

って思うと割とナチュラルな思考だとは思うのですけれども。

 

こんな渋滞の話から始まった今回ですけれども

唐突ですが、わたし

精神や肉体の安定を図るためのサービスを始めて

社会貢献したいと思う。

 

スムーズでシームレスな毎日は目指したいところではあるが

あらゆる場面・タイミングでノイズやひっかかりが生じたりする。

 

それは人間関係だったり、仕事だったり、病気だったり。

 

いろいろあって、そして人それぞれなので、すべてを解決することが

できないんですけれどもね。

 

んで、どれを解決したいのかっていうと、僕は痛みですわ。

 

肩とか首とか頭の痛み。

 

これらの痛みが生活に与える影響はめちゃくちゃ大きい。

 

もちろん、一般的に痛みによる影響が一番でるのは

仕事だと思う。

労働生産性が下がるので。

 

と、同時に生活の生産性が下がることはシームレスにハッピーに

ノイズすくなく生きたい人間としては結構大きな問題。

 

痛みがある=ストレスなもんで、人と接するときの余裕とか

やさしさが減ると思うんですよね。

 

だからそういったものが緩和することができたら、生活が

少し楽になるんじゃないかという仮説も立てている。

 

これを何で達成するのか?についてはサービスを始めてから

伝えることができたら伝えたいけれども、自分としては痛みが

なくなると本当に仕事がはかどるから、痛みを減らしたいなぁ

って思う。

 

痛みで

誰が困っているかっていうと、私が一番それで困っているので

この休みはストレッチと運動をして体のメンテナンス

をしていこうと思う。

 

今朝は避暑地にあるわけでもなんでもない

別荘に来てるけれども、何もないっていうのは

いいなぁって思える年頃になってきた。

ここでストレッチ。

f:id:ok-kimama:20190810154651j:image

 

 

 

話はちりましたが

 

世のお父さんたちは家族に時間を費やすのもいいですけれども

身体が資本だし健康あってお金を稼ぐことができるわけなので

大切にしてもらいたいですわ。

 

そして一番言いたいことは

この渋滞しか起きないお盆にさらなる渋滞の原因をつくる

故障するバカ

事故をするバカには

損害賠償を請求してもいいと思う。

 

友人は

渋滞を起こしたやつが現場にいる場合は

罵声を浴びせさせてますが、それぐらいされても

文句は言えないと思う。

 

*********************************

よく2ちゃんまとめとかで、

家族から干されているお父さんを

スレッドやまとめで見かけるんですけれども

まじで不幸だな。

 

あなたは自由でいいね

っていうけれども、お金を稼いで家族を

養わないといけないお父さんの扱いが雑で

かわいそう。

 

お小遣い2万とか聞いたりするけど

よく耐えられるな。

尊敬。

 

たちあがれ、お父さん。

お前たちは奴隷じゃない!