楽しく生きる問題

マイルを駆使して家族に尽くすアラフォーの現実

下鴨神社のチームラボ

に行ってきました。

 先週の土曜日からスタートしている

下鴨神社のエキシビション。

www.teamlab.art

 

お値段¥1500でございます。

 

日曜に行ったのでめっちゃ人多かった。

である下鴨神社 糺の森。

世界遺産である下鴨神社 糺の森。

 

チームラボは、非物質的であるデジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」という「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。

 

糺の森をアート空間に変えた「呼応する森と自立しつつも呼応する生命 - 下鴨神社 糺の森 」と「浮遊する、呼応する球体 - 下鴨神社」などを展示し、その森の参道と下鴨神社の楼門内の空間が、人々の存在によって変化する光のアート空間に変わります。

チーム

ということらしいです。

 

あまりにも人が多かったので、温度が急上昇で苦しかったわ。

んで、展示しているものは雰囲気はめっちゃ綺麗で、みんなここぞと

ばかりにインスタにアップアップだったと思う。

 

個人的には、

www.teamlab.art

 

これがすごかった。

チームラボの映像はどれも綺麗ではあるんですけれども

確かに神社の背景だったりまだ青いもみじとのハーモニー半端ない。

 

是非京都に来た際は行ってみてほしい。

 

で、アクセスなんですけれども、

京阪の出町柳が一番最寄りだと思う。

しかしめっちゃ暑いから、どっかからタクシーが一番体力は消耗

しない。

 

駐車場は近くのものはほとんど満車です。

下鴨神社の駐車場に関してはそもそも受け入れをしていないし。

 

で、ぐるぐるまわって

結局、京都市営の出町駐車場に止めた。

たぶんここがすいていると思います。

若干歩かないといけないけど。

 

他に注意事項としては

あっついので、虫よけは持っていったほうがいいと思う。

蚊とかいそうだしね。

 

f:id:ok-kimama:20190821160855j:plain

f:id:ok-kimama:20190821160940j:plain

f:id:ok-kimama:20190821161407j:plain

f:id:ok-kimama:20190821161500j:plain


ボは、非物質的であるデジタ

f:id:ok-kimama:20190821161642j:plain

去年買ったニコンD810を引っ張ってきて写真を

撮ったわけですが、こいつは重い。

重すぎて、毎度持っていく気が失せるんだけれども、いい写真を

撮りたい時は確実に持って行った方がいいわ。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D810

Nikon デジタル一眼レフカメラ D810

 

5年前のカメラですが、いい写真撮れるよ~。 

 

と、カメラの話になっちまったんですけれどもね

なぜチームラボに行くのか?なんですけれども

たぶん一人だったらあまり行っていないと思う。

 

子供がいるから連れて行っている。

というのが、その理由のほとんどだ。

 

子供に対しての教育方針って家族それぞれだと思うんだけれども

僕は興味があるもの、興味が持てそうなもの、脳みそに刺激があるかもしれ

ないものに関しては見せに行きたいなって思う方。

 

アートは何が刺激になるのかは本気でわからない。

けれども何かしら脳みそに信号は送られているはずなので

見せている。

 

加えて、親が綺麗だねっていうのを伝える、そしてどう思った?

っていうことを聞いていくと、子供の価値判断や何が綺麗なのか?

のベースができてくるのだと思う。

そういった意味でも、いろんなものに触れさせてあげたいと思っている。

 

しかし、子育てってコンテンツ主義になりやすいし、

コンテンツ主義は見栄の張り合いになっちまうので、気を付けないと

いけないよ。

 

むしろ大切なのはコンテンツの中で何を感じて

何を一緒に語るのか!?だと思うわ。

 

 

 

ルアートによって「自然が自然のままアートになる」という「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。

 

糺の森をアート空間に変えた「呼応する森と自立しつつも呼応する生命 - 下鴨神社 糺の森 」と「浮遊する、呼応する球体 - 下鴨神社」などを展示し、その森の参道と下鴨神社の楼門内の空間が、人々の存在によって変化する光のアート空間に変わります。